KonicaMinolta α-7D、Sony α99、900、αNEX-7、ILCE-7R、ILCE-7Ⅱ、ILCE-7RⅢ、CanonEOS 5D、7D、LUMIX GX8、RX100M4を中心に、デジカメでテキトーに撮った画を、テキトーにアップしてあります。まったくの素人写真ですが、感想等がありましたら、気軽にコメントしていただければと思います◎

MoreDigitalShots

江戸東京たてもの園:11
今回で、長々とアップしてきました「江戸たてもの園」の最終回となります。

さて、本当は最初の回で書いた方がよかったのですが、
ここではボランティアの人たちが大勢いまして、
各建物の説明や園内ツアーなどもしてくれているのです。
そういった説明の中で、特に記憶に残っているのが、
昭和初期の建物の表側が銅板やタイルで装飾されている理由でした。(例:下の写真)
大正末期に関東大震災があり、東京は大火災に見舞われ、大変なことになったわけですが、
これを教訓にして、家事の際、火が燃え移りにくいように、木造家屋の表側を金属板やタイルで覆ったのだそうです。
なんとなく大正ロマン(?)を感じさせるデザインの建物には、そういう実用面での理由があったわけですね。

tatemonoen-090.jpg


ここから以降は、旅館と、その他、いくつかの建物の写真をアップしておきます。

tatemonoen-081.jpg
「万徳旅館」 建物の外観は江戸末期~明治初期のもの。
内部は、昭和25年当時の様子を再現しているそうです。


tatemonoen-082.jpg




tatemonoen-083.jpg




tatemonoen-084.jpg



残念ながら手ブレ写真ですが、炊事場の様子を再現しています。
tatemonoen-085.jpg


三井八郎右衛門邸(港区西麻布 昭和27年)
tatemonoen-086.jpg



デ・ラランテ邸(新宿区信濃町 ドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランテが改築 明治43年ころ)
tatemonoen-087.jpg



ラランテ邸は、喫茶店になっています^^
tatemonoen-088.jpg



旧自証院霊屋 尾張藩主・徳川光友の正室千代姫が母を供養するために建立した霊屋。(新宿区富久町 1652年)
tatemonoen-089.jpg
Camera=SONY ILCE-7RM3
Lens=FE 24-105mm F4 G OSS

| 未分類 | 04:49 | トラックバック:0 | コメント:6
| ホーム |

プロフィール

 YKND

Author: YKND
『MoreDigitalShots』へお越しいただきまして、ありがとうございます。
なお、当ブログ上の画像や文章等の無断複製・無断転載は絶対禁止!というルールになっておりますので、ご了解くださいませ(`v´)ゝ
リンクに関しましては、どうぞご自由にお張りください^^

最近のコメント
最近のトラックバック
小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

YKNDカウンター

リンク
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ