KonicaMinolta α-7D、Sony α99、900、αNEX-7、ILCE-7R、ILCE-7Ⅱ、ILCE-7RⅢ、CanonEOS 5D、7D、LUMIX GX8、RX100M4を中心に、デジカメでテキトーに撮った画を、テキトーにアップしてあります。まったくの素人写真ですが、感想等がありましたら、気軽にコメントしていただければと思います◎

MoreDigitalShots

RX100M4とα7RⅢの比較(?)
RX100M4の写りが思った以上に良かったので、
α7RⅢで撮った写真との比較をしてみました。
ただ、比較と言っても厳密な実験はできないので、
同じ被写体を、できるだけ同じような構図で撮った写真の比較になります。
α7RⅢにはFE 24-105mm F4 G OSSのレンズをつけて、
画角と絞り値は同じにしてあります。


α7RⅢ 24mm F/4
hikaku-7-01.jpg


RX100M4 24mm F/4
hikaku-RX-01.jpg

ここでイキナリ分かるのが、背景のボケの差です。
RX100M4で撮った写真だと中心のバラだけでなく、左上と右下のバラにもピントがかなり来ています。
これはレンズの焦点距離の問題ですね^^

α7RⅢの24-105のレンズの焦点距離は、文字通り24-105mmなのですが(たぶん)、
RX100M4のほうは、8.8-25.7mmしかないのです。
RX100M4の24-70というのは、35mm相当の画角のことで、レンズの焦点距離ではないのです。
この差が、背景のボケの差となって、如実に表れてくるわけです。

とは言え、この比較写真は、FE 24-105mm F4 G OSSの最低絞り値がF/4なので、
RX100M4も絞りをF/4にしてありますが、F/1.8で撮ると、もう少しボケが出ます。
その意味では、今回の比較はRX100M4のほうが、不利なんです。
また、RX100M4の24mm端では、FE 24-105mm F4 G OSSよりも遥かに寄れるので、
寄った場合はキレイな背景ボケを出してくれますから、個人的には、この焦点距離の差は、大して気になりません。
要は、使い方だと思いますので^^

で、次に上の写真のバラの部分の等倍切り出しをアップします。
α7RⅢ
hikaku-7-01-A.jpg


RX100M4
hikaku-RX-01-A.jpg


焦点距離のレベル差から、α7RⅢのほうは、ちょっと柔らかい感じで、
しかもピント位置がかなり狭くなっています。
一方、RX100M4は、手前から後ろまでピントが合っていて、一見するとα7RⅢよりもシャープに見えます。
α7RⅢだと、もう2段くらいは絞らないとこうならないかと思います。

次の写真は、それぞれ70mm画角での写真です。

α7RⅢ 70mm F/4
hikaku-7-02.jpg

RX100M4 70mm F/4
hikaku-RX-02.jpg

さすがにRX100M4も、望遠端で近くのものを撮ると、広角端の時よりもボケが出てきます。
個人的には、これで満足できるレベルです^^

非常に大雑把な比較ですが、RX100M4で撮った写真と、
フルサイズ機のα7RⅢで撮った写真の比較でした。
お粗末様^^


| 未分類 | 04:16 | トラックバック:0 | コメント:3
| ホーム |

プロフィール

 YKND

Author: YKND
『MoreDigitalShots』へお越しいただきまして、ありがとうございます。
なお、当ブログ上の画像や文章等の無断複製・無断転載は絶対禁止!というルールになっておりますので、ご了解くださいませ(`v´)ゝ
リンクに関しましては、どうぞご自由にお張りください^^

最近のコメント
最近のトラックバック
YKNDカウンター

リンク
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ